前回はPlayStation3でのDVD・Blu-rayの視聴・操作方法、また専用の「BDリモートコントローラ」を使うと、より操作もしやすくなるという話をしました。

DVD・Blu-rayが再生できない

ディスク側の問題

前回の記事内で、PS3で再生出来るDVD・ブルーレイディスクの規格を記載しました。

プレステ3(PS3)でDVD・Blu-rayを見る方法は?操作に便利なリモコン

ブルーレイディスク内ではBD-RE ver1.0の再生には対応しておらず、またDVD・BDともに「ファイナライズ処理」が行われていないものは再生できない可能性があります。(ディスクに映像を焼いた際の最終的な処理で、他機種での再生互換を高める)

その他では、DVD・ブルーレイディスクには各国ごとにリージョンコードが割り振られています。そのコードが「2(日本)」、「ALL」以外のものは日本のPS3では再生出来ません

ディスク盤面の傷や指紋などの汚れも再生できない原因となります。目が荒いもので盤面を拭くと更に傷を付ける原因となるのでクリーニングクロスを使って汚れを取るのが良いでしょう。

PS3本体側の問題

ディスクに問題がない場合には、本体側の読み取りレンズの問題が考えられます。ディスク吸い込み型の本体では内部にホコリがたまりやすいですし、レンズの汚れや曇り、劣化によるレーザー出力の弱まりなど原因は様々です。

経年によりレーザーの出力が弱まってしまっている場合には修理以外に改善方法はないですが、まずはレンズクリーナーを使用してみて、改善されるかどうかを確認してみるのが良いと思います。

私が使用しているクリーナーを紹介します。

DVD・BD再生時に音が出ない

再生時に音が出ないという場合には、ホーム画面より「音声出力設定」を確認してみてください。

使用するオーディオ機器やディスプレイ、ディスクによっては設定が合っていないと音が出ない場合があります。公式ホームページに詳しい説明が載っています。

音声出力設定について

画面サイズが合わない

DVD・BDを見る時に、両端が黒く表示されてしまったり、横長に表示されてしまうなど画面サイズが合わないのは、ディスクに収録されている映像のサイズ(4:3/16:9)とテレビの設定・PS3の設定があっていない事が原因です。

その場合には映像のサイズに合わせて、テレビリモコンで画面表示を変える(フル/ワイド/シネマ等)、またPS3のホーム画面より「ディスプレイ設定」→「映像出力設定」から表示サイズを変えることも出来ます。

「ビデオ設定」→「BD/DVDアップコンバート」という項目でアップコンバート出力を有効にすることで画面サイズを変えたり解析度を高めることもできます。

 

番外編にはなりますが、ディスクが本体に入らないという場合には、ディスクが原因ではなく本体側のディスクユニットやセンサーの故障が原因なのでこの場合には対処の方法はなく買い替えが必要となります。

もしも様々な症状について改善が見込めない場合には、動作不良の本体であってもメルカリやヤフオク等で修理目的で高く買ってくれる人もいるので、売却したお金を使って本体の買い替えを検討するのもアリだと思います。

CECH-2000番台(中期型)などは初期型よりもスリムですし、最新型に比べて安く購入することが出来ます。

以上、今回はDVD・Blu-rayの視聴時のトラブルについてのまとめでした。

ゲーム機(PS2,PS3,レトロゲームなど)ゲームソフトの処分・捨てる方法。売ればお金になる!

スポンサーリンク