今回は、2006年に発売された任天堂ゲーム機「Wii」の互換性について

知っている方も多いと思いますが、wiiには2001年に発売された前機種のゲームキューブ(GAMECUBE)との互換性があり、全てのゲームキューブソフト(276タイトル)をwiiでプレイすることが可能です。この記事では、wiiでゲームキューブのソフトをプレイする方法や、wiiとゲームキューブを1台にまとめるメリット・デメリット、GCソフトを良画質でプレイする方法などについて話をしていきたいと思います

Wiiでゲームキューブのソフトをプレイする方法

まず、WiiでGCソフトをプレイする際に必要なものですが、

  • wii本体
  • wiiリモコン
  • AVケーブル(wii用)
  • ACアダプター(wii用)
  • センサーバー
  • ゲームキューブコントローラー
  • GCソフト
  • GC用メモリーカード(必要なソフトであれば)

以上の物が必要となります。

ゲームキューブのソフトをプレイするので、ゲームキューブのコントローラーだけあればいいと思われそうですが、wiiを起動してからGCのソフトを開始させるまではGCコントローラーでの操作は出来ず、リモコンでの操作・選択が必要となるため、wiiリモコンとセンサーバーも必要となります

Wiiを通常どおりにセットし、本体上蓋を開くとコントローラコネクタとメモリーカードスロットがあるのでそれぞれを接続、GCソフトを挿入すればゲームをプレイすることが出来ます

Wiiでプレイしたゲームキューブソフトのデータは、wii本体やSDカードにはセーブ出来ません。ゲームキューブソフトのセーブにはGC用メモリーカードが必要となりますので覚えておいてください。

マリオパーティで使う「マイク」や、Dance Dance Revolution with MARIOで使う「マットコントローラ」、レシーバー(受信機)を使うワイヤレスコントローラーの「ウェーブバード」など、ゲームキューブのコントローラーコネクタとメモリーカードスロットに接続する周辺機器は、wiiでも同様に接続・使用をすることが可能です。

Wiiとゲームキューブを1台にまとめるメリット・デメリット

Wiiとゲームキューブを1台にまとめるメリット

メリットとしてあげられるのはまず価格面でしょう。Wiiとゲームキューブの2台を購入するとなるとある程度の値段はしますが、wiiでGCをプレイする場合にはゲームキューブ本体・GC用ACアダプター&AVケーブルが必要ないので、その分の費用を抑えることが出来ます
また1台にまとめてしまえば、置き場の問題や面倒なケーブル・アダプターの抜き差しや片付けの手間も減らす事が出来るでしょう。

Wiiとゲームキューブを1台にまとめるデメリット

ゲームキューブのコントローラコネクタ・カードスロットを使用する周辺機器はwiiでも同様に使用出来ますが、ゲームキューブの底面のコネクタを使用する周辺機器はwiiに同コネクタがないため使うことが出来ません

  • ブロードバンドアダプタ× →インターネット対応ソフト(ファンタシースターオンライン系、ホームランド)はオフラインモードのみ
  • ゲームボーイプレイヤー× →ゲームボーイ、ゲームボーイアドバンスのソフトはプレイ不可

また改造ツールのプロアクションリプレイ(GC用)も使用が出来ません。

上記のものをやりたい・使いたいという人はwii1台にまとめるのではなく、wiiとGAMECUBEの2台とも持っている方がいいかもしれません。

ゲームキューブのソフトを良画質で楽しもう

ゲームキューブ本体で画質を上げてプレイするには、デジタルAV出力ポートが搭載されている前期型の本体(後期型ではこの出力ポートが削除)に、ゲームキューブ専用のD端子ケーブル(流通量が少なく現在では高額)を用意しなければならないという少しハードルの高いものですが、wii+wii用D端子ケーブルでGCソフトをプレイすると、GC+GC用D端子ケーブルと同等の画質でプレイすることが可能となります。

実際の映像が気になる方は、YouTubeなどに検証の動画を上げている方もいるので見ていただければと思いますが、wiiのD端子接続であれば値段もかなり安く、GCソフトも良い画質でプレイ出来るのでおすすめです。

今回は、wiiでゲームキューブのソフトをプレイする方法や、wiiとゲームキューブを1台にまとめるメリット・デメリット、GCソフトを良画質でプレイする方法などについて話をしてきました。互換性を持つゲーム機は数少ないですし、737本(wii:461本、GC:276本)ものソフトを楽しめるのは、本当にすごいゲーム機だと思います。

ゲームでもして休みを過ごしたいなと思っている人は、wiiで休日を楽しんでみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク