今回の記事では、Nintendo Switchのコントローラー「Nintendo Switch Proコントローラー(プロコン)」のバッテリーが充電されないという症状について、その原因や対処法について話をしていきたいと思います。

【1】「Nintendo Switch Proコントローラー」の通電状況から原因を探す

プロコンの電池が充電されないという症状でお悩みの方は、まず以下を確認して原因を考えていきましょう。

プロコン上部のバッテリーランプ(オレンジランプ)は点灯しているか

プロコンに充電用のUSBケーブルを接続した際、コントローラー上部の充電ランプは点灯しているでしょうか?ランプが点灯しなければ、電源~コントローラーの充電端子までの間に問題がある可能性が高く、ランプは点灯するのに充電されない場合には、電池含めコントローラー内部に問題がある可能性が高いと考えられます。

本体画面にプロコンの充電状況が表示されるか

コントローラーの充電時には、上写真のように充電中マーク(電池+カミナリ)が表示されます。

電池残量が少ない時に、USBケーブルを接続しても充電中マーク(またはコントローラーのマークも)表示されない場合には、USBケーブルか充電端子、もしくはその両方も問題がある可能性がありますので次項の【2】をご覧下さい。

充電中マークは表示されるのに、USBケーブルを外すと充電されていないという場合には、コントローラーの電池に問題があると考えるのが一般的かと思いますので【3】をご覧下さい。

【2】Switch本体のACアダプターとプロコンのUSBケーブルを入れ替えて充電する

普段からPROコンを使われている方は、手元にスイッチ本体&ACアダプター、プロコン&充電用USBケーブルがあると思います。このACアダプターとUSBケーブルは入れ替えても双方充電されるので、交換して充電を行ってみましょう。

本体ACアダプター+プロコンでバッテリーが充電出来たという場合には、PROコンのUSBケーブルの断線・端子の故障が原因だったと考えられます。USBケーブルを買い換えれば、以降も問題なく充電出来るでしょう。純正品のUSBケーブルは単品販売されていないですが、国内他社からの販売があります。

(2m、4mから長さを選べます)

プロコンを充電出来なかったUSBケーブルでは、スイッチ本体も充電できないはずですが、もし充電出来る場合には、プロコン⇔USBケーブルの充電端子の相性が悪くなったと考えるべきでしょう。

【3】プロコンのバッテリーを交換する

PROコンにUSBケーブルを接続すると、コントローラー上部のオレンジランプは点灯、本体画面にも充電中マークは表示されるのに、ケーブルを抜くと電池が充電されていない・有線状態であれば問題なく使用出来るという場合はバッテリーの劣化・寿命が原因と考えられます

この場合には諦めて買い換える、有線コントローラーとして使用する、もしくは自身でバッテリーを交換するという方法もあります。

switch(スイッチ)プロコンのバッテリーの交換方法

 

今回はNintendo Switchのコントローラー「Nintendo Switch Proコントローラー(プロコン)」のバッテリーが充電されないという症状について、その原因や対処方法についてまとめてみました。

記事内容で症状が改善してもらえれば良いですが、改善しない場合には買い替えを検討していただくか、他メーカーから純正品よりも安いプロコンも発売されているので、そういったコントローラーをチェックしていただくのも良いかもしれません。

スポンサーリンク