1989年に任天堂から発売された、初代ゲームボーイ(GAME BOY)」

携帯ゲーム機としては初めて累計販売台数が1億台を超えた名機です。この「ゲームボーイシリーズ」は、初代ゲームボーイからゲームボーイミクロまで7種類に渡り進化を遂げ、その性能や、各機種の対応ソフトも異なります

久しぶりにゲームボーイやアドバンスのソフトを遊びたいけれど、どの本体を使うのがいいか?自分がプレイしたいソフトはどの本体ならプレイ出来るのか?と迷われる方もいると思います。

今回はそのゲームボーイシリーズについて、全種類の解説、その性能と比較、対応ソフトなどについてお話したいと思います

初代ゲームボーイ【携帯ゲーム機の元祖】

製品名ゲームボーイ(GAME BOY)
発売日1989年(平成元年)4月21日
発売時定価12500円
サイズ/重さ(約)縦 148mm×横 90mm×奥行き 32mm/重さ 312g(電池含む)
液晶サイズ(約) 47mm×43mm
電池単3電池4本

言わずと知れたゲームボーイシリーズの初代機。シリーズの中で最も大きく、単3乾電池を4本使用する重厚感のある本体で、久しぶりに触ってみれば子供の頃に遊んだ記憶が蘇る人も多いのではないでしょうか?

画面左には「パイロットランプ(赤ランプ)」が付いており、電池残量が減るとその光が弱くなってきて焦った記憶があります。

初代ゲームボーイと聞いて、「グレーカラー」を思い浮かべる人がほとんどだと思いますが、初代が発売された5年後の1994年には「ゲームボーイブロス」としてオリジナルカラー6色(ホワイト/ブラック/レッド/イエロー/グリーン/スケルトン)が発売されています

GBのおしゃれな6色の兄弟たち【ゲームボーイブロス】ゲームボーイ(初代)はグレーだけではなかった!

ゲームボーイポケット【待ち望んだ小型化】

製品名ゲームボーイポケット(GAMEBOY pocket)
発売日1996年(平成8年)7月21日
発売時定価6800円
サイズ/重さ(約)縦 128mm×横 78mm×奥行き 25mm/重さ 149g(電池含む)
液晶サイズ(約) 49mm×44mm
電池単4電池2本

初代のゲームボーイから大幅な小型・軽量化が行われたゲームボーイポケット。外観のみならず、液晶機能も向上し、ゲーム画面が鮮明に見られるようになりました。

ゲームボーイポケットではオリジナルカラーとして9色(グレー/赤色/黄色/緑色/黒色/金色/銀色/ピンク/クリアパープル)と多くのカラーが発売。金色&銀色においては通常の紙箱ではなくプラスチックパッケージと高級感がありました。


通常の紙パッケージ

 


金・銀のみプラスチックパッケージ

コストカットにより、初期型のGBPには初代GBに搭載されていたパイロットランプ(赤ランプ)が付いていなかったのですが、後に反発を受けて後期型から赤ランプが再び搭載されています。

ゲームボーイポケットではオリジナルカラーに加え、トイザらスモデルやファミ通モデルなど限定カラーも数種類発売されています。


トイザらス限定/クリア

ゲームボーイライト【その光に心奪われた】

製品名ゲームボーイライト(GAMEBOY LIGHT)
発売日1998年(平成10年)4月14日
発売時定価6800円
サイズ/重さ(約)縦 135mm×横 80mm×奥行き 29mm/重さ 190g(電池含む)
液晶サイズ(約) 49mm×44mm
電池単3電池2本

ゲームボーイシリーズで初めて照明機能を搭載した、ネーミングもそのまんま「ゲームボーイライト」。バックライトの緑色が非常に印象強く、バッテリーカバーも電池の曲線に沿った形となっているのも特徴。


液晶画面のバックライト


ゲームボーイライトのバッテリーカバー

次に紹介するゲームボーカラーがこの半年後に発売されるため非常に短命で、出回っている数もGBシリーズの中では少ない本体です。電源スイッチはOFF/ON/LIGHTの3段階で、バックライトを使わずにプレイすることも可能です。

オリジナルカラーはゴールドとシルバーの2色。その他にもポケモンセンターモデル(ピカチュウイエロー)、手塚治虫ワールドショップモデル(ASTRO BOYスペシャル)などが限定として発売されています。


手塚治虫ワールドショップ限定/ASTRO BOYスペシャル

ゲームボーイカラー【カラー画面にみんなが釘付け】

製品名ゲームボーイカラー(GAMEBOY COLOR)
発売日1998年(平成10年)10月21日
発売時定価6800円
サイズ/重さ(約)縦 134mm×横 78mm×奥行き 27mm/重さ 184g(電池含む)
液晶サイズ45mm×40mm
電池単3電池2本

ゲームボーイシリーズで液晶画面が初めてカラー化された本体です。ゲームボーイカラー専用・ゲームボーイ&カラー共通ソフトでは最大で56色が画面に表示され、モノクロだったゲームボーイ用のソフトでも、GBCでプレイすると4-10色のカラーで表示されます。

ゲームボーイ用ソフト「スーパーマリオランド」も、GBPでプレイした場合にはもちろんモノクロですが、GBCでプレイすると使用色は少ないですが、カラー表示されます。


ゲームボーイポケットで起動した液晶画面

 


ゲームボーイカラーで起動した液晶画面

またゲームボーイカラー以前の機種ではスイッチを入れると「Nintendo」のロゴが上からスクロールされてくる仕様でしたが、本機では「GAMEBOY」の文字が中央に浮かび上がってくる仕様でゲーム開始までの時間が短くなっています

オリジナルカラーは6色(レッド/パープル/イエロー/ブルー/クリパープル/クリア)で、その他トイザらス、全日空、ポケモンセンターなど限定カラーも多く発売されています。


全日空限定/クリアブルー


ポケモンセンター限定/ポケットモンスター金・銀記念バージョン

これまでメインカラーとされていた「グレー」ですが、ゲームボーイカラーではアメリカで最も人気のあったパープルが標準カラーとして採用され、以降のゲームボーイシリーズではグレー色が登場しなくなりました。

ゲームボーイアドバンス【SFCのリメイク版ソフトも多数発売】

製品名ゲームボーイアドバンス(GAMEBOY ADVANCE)
発売日2001年(平成13年)3月21日
発売時定価8800円
サイズ/重さ(約)縦 82mm×横 145mm×奥行き 25mm/重さ 188g(電池含む)
液晶サイズ41mm×61mm
電池単3電池2本

ゲームボーイカラーから大きくモデルチェンジされた「ゲームボーイアドバンス」これまでの縦長だった本体から横長となり、LRボタンも追加。本体のスペックがスーパーファミコンを大きく上回ったため、この本体から発売されるGBA専用ソフトでは、SFCソフトからの移植・リメイクが多く行われているのも人気の一つとなっています。

オリジナルカラーは8色と多く(バイオレット/ホワイト/ミルキーブルー/ミルキーピンク/オレンジ/ブラック/ゴールド/シルバー)、限定色としてはトイザらスオリジナルカラーやポケモンセンターオリジナルモデルなどが発売されました。


ポケモンセンター限定/セレビィグリーン

 


ダイエー限定/クリアオレンジ&クリアブラック

ゲームボーイアドバンスSP【画面に傷がつかない折りたたみ式を待っていた】

製品名ゲームボーイアドバンスSP(GAMEBOY ADVANCE SP)
発売日2003年(平成15年)2月14日
発売時定価9800円
サイズ/重さ(約)縦 85mm×横 82mm×奥行き 24mm(折りたたみ時)/重さ 143g(電池含む)
液晶サイズ41mm×61mm
電池リチウムイオン充電池内蔵

GBAの後継機として発売され、任天堂のゲームボーイシリーズで初の折りたたみ式・充電式本体となったゲームボーイアドバンスSP。いままでの本体は液晶がむき出しになっており、非常にキズがつきやすかったが、折りたたみ式になったことで軽減、グッドデザイン賞も受賞しています。液晶にフロントライトが搭載されており、ON/OFFの切り替えが可能。バッテリーは充電式となり、フル充電で約10時間(ライトOFF)~18時間(ライトON)の使用が可能です。

オリジナルカラーは6色で(プラチナシルバー/アズライトブルー/オニキスブラック/パールブルー/パールピンク/ファミコンカラー)、これまでになかった「ファミコンカラー」も通常色として追加されています。

限定色としては、ポケモンセンター限定で人気キャラクター(リザードン/フシギバナ/ピカチュウetc)が表面に描かれた本体が発売、ソフト同梱版での限定カラーも数種類発売されています。

 


キングダム ディープシルバー

 


ポケモンセンター限定/リザードンエディション

ゲームボーイミクロ【任天堂ゲーム機の中で最も小さい】

製品名ゲームボーイミクロ(GAMEBOY micro)
発売日2005年(平成17年)9月13日
発売時定価12000円
サイズ/重さ(約)縦50mm×横 101mm×奥行き 17mm/重さ 80g(電池含む)
液晶サイズ28mm×43mm
電池リチウムイオン充電池内蔵

ゲームボーイシリーズの最終機となった「ゲームボーイミクロ」ボディにアルミを採用し、GBAのボタンレイアウトをほぼそのままに小型・軽量化された充電式の本体となります。ゲームボーイシリーズでカラー液晶+バックライト(5段階調節)を搭載しているのは本機のみとなり(ゲームボーイライトはモノクロ、GBASPはフロントライト)、画面サイズは小さくなりましたが、液晶性能向上で非常に見やすい本体となりました。小型でデザイン・性能ともに優れた商品でしたが、ニンテンドーDSが前年に発売された影響であまり売れず、非常に出まわりが少ないため、現在では中古品でも高値で取引されている状況です。

オリジナルカラーは5色(シルバー/ブラック/ブルー/パープル/ファミコンバージョン)、限定色としては、ポケモンセンター限定、ファイナルファンタジー同梱版、MOTHER3デラックスボックスが発売されています。

 


ファイナルファンタジーIV同梱版 天野喜孝デザインモデル

 


MOTHER3 デラックスボックス

ゲームボーイシリーズ各本体の対応ソフト

ゲームボーイシリーズの各本体が、どのソフトに対応しているかを以下の表にまとめました。

GBソフトGB・GBC共通ソフトGBC専用ソフトGBAソフト
初代GB
×
×
GBP
×
×
GBLIGHT
×
×
GBC
×
GBA
GBASP
GBmicro
×
×
×
  • ゲームボーイソフト・・・カートリッジが「灰色」のソフト
  • GB・GBC共通ソフト・・・カートリッジが「ブラック」のソフト
  • GBC専用ソフト ・・・カートリッジが「スケルトン(透明)」のソフト
  • アドバンスソフト・・・カートリッジが横長のソフト

すべてのゲームソフトがプレイ出来るのは、アドバンスとアドバンスSPのみ。ゲームボーイミクロは最終機ではありますが、GBAソフトのみの対応となります。

カートリッジが透明のゲームボーイカラー専用ソフトは、初代ゲームボーイ・ゲームボーイポケット・ゲームボーイライトでは遊べないので気をつけてください。

今回は任天堂の「ゲームボーイシリーズ」について、全機種の特徴や違い、対応のソフトなどについてお話しましたが、子供の頃に遊んだことのある本体もあったのではないでしょうか?昔に自分が使っていた本体で再びプレイするも良し、大人になった今なら上位機種を買ってプレイするのも良し、個人的には、持った感触、操作性、全ソフト対応で値段も手頃なゲームボーイアドバンスがおすすめですが、ゲームボーイミクロの高級感、画面サイズ2インチという小ささでゲームを楽める感覚を味わってもらいたいですね。

昔を思い出しながら、子供の頃にクリア出来なかったタイトルに再び挑戦してみてはいかがでしょうか?大人になった自分なら全クリも夢じゃないかもしれません。

スポンサーリンク