2000年に発売されたPlayStation2。

今も現役で使っている方も多いと思いますが、発売から年月も経ってるため壊れてしまった、調子が悪い、テレビ台の置物になっていて、処分に困っている方という方もいるのではないでしょうか?

どんな状態であれ、人気ハード故に欲しい人はいます。

私自身もいま手元にあるPS2が何台目か分からないくらい買い換えていますが、手放すときは完全に使えない状態、一部問題がある状態(読み込みが遅い、破損)など状態は様々で、店舗や買取サイト、アプリなどで処分したことがありますが、全てで値段が付きました。

もし家でゲーム機が眠っているようなら、処分して新しいゲーム機の資金にしてみてはいかがでしょうか。そんな感じで本日はゲーム機の処分方法のお話。

ゲーム取り扱い店舗での処分

実店舗への売却は、持ち込みなので発送などの手間はなく、近くに店舗がある場合は良いと思います。また、アプリなど個人間取引をするのはちょっと嫌だなという人向けの売却方法です。

発売からあまり日が経っていないハードであれば、買取価格が公表されていることが多くありますが、PS2などのオールドゲーム機では、店舗に持って行ってみないと分からないというのがマイナス点です。また、この買取価格は付属品がすべて揃っている場合(説明書・箱を含む)で、問題なく動作をするものの価格なので、そうでない場合にはかなり減額されるので注意してください。

個人取引は嫌だ、販売したい本体が動作品・完品の場合は店舗に売却するのも良いでしょう。

フリマアプリでの処分

最近では利用する人も多くなったフリマアプリ。

利用するメリットは自分で価格を決められること、また同商品の過去の販売履歴を見ればどのくらいの価格で売れるのか検討がつくのが良い所だと思います。この場合、発送に手間がかかりますが、メルカリ便など費用が安く、コンビニで処理が出来るなど思ってるよりも手軽に発送が可能です。

買取サイトでの処分

ゲーム機買取を行っているネットサイトで売却する方法ですが、実店舗に持っていく手間もなく、また企業相手で安心という所が利点です。

私は「レトログ」という買取サイトを利用してゲーム機を売却したことが何回かあります。



この買取サイトでは、発送のためのダンボールキッドを用意してくれたり、集荷にも来てくれるので気軽に処分が出来ます。オールドゲーム機を手厚く買い取っていて、キャンペーンも多く行っています(10点以上で500円up、どんな商品でも最低価格10円以上など)

ダンボールに詰め込むだけなので、処分したいものが多い、家で全て済ませたいという方にはオススメです。

オールドゲーム機だからこそ、綺麗な状態であったり、箱や説明書などの付属品がすべて揃っているものは思っているよりも高値が付くことがあります。また壊れていても修理前提で値段を付けて買い取ってくれる場合が多くありますので、もし家で眠っているゲーム機があったら自分に合う処分方法でゲーム機を売却してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク