今回の記事では、Nintendo Switchのコントローラー「Joy-Con(ジョイコン)」について、Switch本体の内容品を使用した一般的な充電方法、充電時間、充電状況の確認の話をしていきたいと思います。(Joy-Conについては、旧型Switch・新型Switchでの変更点はなく、充電等も同様となります)

Joy-Con(ジョイコン)の充電方法

Nintendo Switchのコントローラー「Joy-Con(ジョイコン)」ですが、L・Rのコントローラーともに、一般的にはSwitch本体(液晶パネル)にセットした状態で充電を行います

ジョイコンを装着したNintendo Switch本体をドッグにセットする

ACアダプターを挿したドッグにジョイコン+スイッチ本体をセットすることでジョイコンの充電が可能です。本体・コントローラーともにドッグにセットして充電するため、ゲームプレイをしていない時・プロコン等使用でのTVプレイ時の充電方法となります。

ジョイコンを装着したNintendo Switch本体をACアダプターと接続する

ジョイコンを装着したスイッチ本体にACアダプターを直接繋ぐことで、ジョイコンの充電が可能です。ドッグを使用しないため、充電しながらの携帯プレイが可能な方法となります。

充電されているNintendo Switch本体にジョイコンを装着する

ACアダプターなど、何も接続していないスイッチ本体にジョイコンを装着しても充電は行われます。(スイッチ本体の電源がON、またはスリープ状態時。電源OFFの時には充電は行われません)

この場合の充電では、コントローラーのバッテリー残量が少ない時にのみ行われ、またスイッチ本体のバッテリー残量が減り過ぎないように、コントローラーの充電は半分ほどでストップするようになっています。

Joy-Con(ジョイコン)の充電時間

ジョイコンの充電にかかる時間ですが、フル充電にかかる時間は「約3時間30分」その状態からプレイ出来る時間は、「約20時間」と公式で案内をしています。この充電にかかる時間はドッグでの充電時間となりますので、プレイしながらのフル充電には3時間半以上かかると考えた方が良いでしょう。

Joy-Con(ジョイコン)の充電状況の確認方法

コントローラーのバッテリー残量確認は、本体画面から確認することが出来ます。ホーム画面下、コントローラーのアイコンをクリックすると、ジョイコンの電池残量が画面に表示されます

ジョイコンを本体に装着している場合のバッテリー表示
ジョイコンをワイヤレスで使用している場合のバッテリー表示

ジョイコンの側面に付いている4つのランプが電池残量と勘違いしやすいですが、そのランプはコントローラーの接続状態を表すランプとなっております。

今回は、Nintendo Switchのコントローラ「Joy-Con(ジョイコン)」について、その一般的な充電方法、充電時間、充電状況の確認方法について解説していきました。ニンテンドースイッチを買ったばかりという方や、Joy-Conの充電について分からないという方は参考にしてみてください。

スポンサーリンク