PlayStation3を持っている方は、どんな種類のコントローラーを使われているでしょうか?

付属していたものを取りあえず使っているという人も多いと思いますが、SONY純正のPS3用コントローラーにも、「DUALSHOCK3(デュアルショック3)」と「SIXAXIS(シックスアクシス)」の2種類があり、仕様も異なります。

この2種類のコントローラーの違いと、中古品でコントローラを購入するの際の注意点をまとめてみました。

初期型プレステ3に付属していたコントローラー「SIXAXIS」

プレイステーション系のコントローラーでは「デュアルショック」という名前が聞き慣れていますよね?

PS1ではデュアルショック、PS2ではデュアルショック2、PS3のほとんどでもデュアルショック3が本体に付属していましたが、以下の初期型番ではデュアルショック3ではなく、「SIXAXIS」というコントローラーが付属していました。

■CECHA00(60GBモデル)、CECHB00(20GBモデル) 発売日:2006/11/11
■CECHH00(40GBモデル) 発売日:2007/11/11

知っている方も多いかもしれませんが、PS3が発売される時に、本来であれば後のDUALSHOCK3を初期付属する予定でしたが、米Immersion社がコントローラーの振動機能について特許訴訟を起こしたため、初期型のPS3本体には「振動機能」が搭載さていない「SIXAXIS」というコントローラーが付属しました。

SIXAXISという名前は、コントローラーに搭載されているモーションセンサーの「6軸検出システム」の軸数にちなんでいます。

振動機能がついていないため軽量で、重量は136グラム。DUALSHOCK3に変更になるまでの短命なので、通常カラー以外が発売されていないのが残念です。このコントローラーは本体上部に「SIXAXIS」とロゴがプリントされています。

CECHL00(80GB)モデル以降のプレステ3に付属したコントローラー「DUALSHOCK3」

米Immersion社との和解以降に発売されたPS3 (CECHL00<80GBモデル> 発売日:2008/10/30)では、皆さんもよくご存知のDUALSHOCK3が付属して発売されました。

SIXAXISと形の違いはありませんが、振動機能が追加で搭載されたコントローラーになります。その分、重量は193グラムとSIXAXIS(136グラム)よりもやや重くなりました。


このコントローラーは本体上部に「DUALSHOCK3/SIXAXIS」と両名のロゴがプリントされています。

 


(上)SIXAXIS、(下)DUALSHOCK3

このSIXAXISとDUALSHOCK3では、形は全く同じで、遠くから見たら違いがわかりませんが、SIXAXISは表面がわずかなスケルトン仕様になっています。

中古でコントローラーを購入する際の注意点

バッテリー寿命

ワイヤレスコントローラーなのでバッテリーが内蔵されています。中古品のコントローラーよっては使われ始めてからかなり時間が経っている事もありえますので、バッテリー寿命には注意したいところです。

中古品であれば消耗は避けられないとは言え、寿命が来てしまっているものではUSBケーブルを挿した有線状態でしかプレイ出来なくなってしまいます。購入を検討される場合にはワイヤレス状態で使用できるか確認をするようにした方がいいでしょう。

キー入力の暴走

DUALSHOCK3、SIXAXISともに、不具合として「ボタンを押してなくてもキーが勝手に入力される」という症状が多く見られます。コントローラーの基盤異常、またコントローラーとUSBケーブルの差し込み部の接触不良が原因の場合が多いですが、そのような事も頭に入れて、動作確認がされているもの、また返品が可能な所で購入するのが安心でしょう。

本体セットを購入する場合にはコントローラーの種類の確認を

初期型番にはSIXAXIS、それ以降の型番ではDUALSHOCK3が付属品として付いていたという話をしました。

しかしながら中古品で本体セットを購入する場合には、前所有者がコントローラーを買い換えている場合も多く、どのコントローラーが付属しているかを記載していない場合もあります。

振動機能が絶対に付いていた方がいい(DUALSHOCK3)、長時間プレイすると手が疲れるから軽量の方がいい(SIXAXIS)など、使用するコントローラーにもこだわりたい方は、本体購入の際にどのコントローラーが付属しているか確認をしてから購入しましょう。

プレステ3(プレステ3)のコントローラーを買い替える際のオススメは?

スポンサーリンク